ようこそ!

当サイトは容量無制限で、CGI、PHPを無料で使えるホームページスペースを提供しています。
広告設置を義務づけてなく、快適に利用できるのが特徴です。

ちょっとしたこと

ブログにも書きましたが、ここではiPhoneからLinkStationの中身を別の手段で見る方法を紹介いたします。

●用意するもの

PHPが動く自宅サーバー

webアクセス、FTP接続に対応しているLinkstation

iPhone(3G,3GS,4問わず)

まずは、自宅サーバーとLinkstationが同じローカル内に接続されているか確認してください。
WAN経由では未確認ですが、他に21番ポートを割り当ててない場合はたぶんできます。
次に、phpが動くwebサーバーに net2ftp というphpプログラムを設置します。
これは、webブラウザ上でFTPクライアントとして簡単に操作できるファイルマネージャーみたいなものです。
この記事を書いている時点(07/28)での最新バージョンは0.98ですので、そちらのFullバージョンをダウンロードしてください。
ダウンロードページへ→
ダウンロードしたファイルを解凍したら、必要に応じて設定ファイルを編集してください。(特に設定はいじる必要はないのでデフォルトでいいです。)
次に、net2ftpを自宅サーバーにアップロードします。
アクセスする場所に、「files_to_upload」のフォルダを丸ごとアップロードしましょう。
一人で使うのでしたら、特定されにくい場所がいいですよ。
アップロードが完了したら、ひとまずはパソコンから自宅サーバーにアップロードしたnet2ftpにアクセスして作動するか確認してみましょう。
下のように表示されたらちゃんと動いている証拠です。
f:id:zsoa55:20100728233449j:image
そしたら、設置した所(アドレス)にiPhoneからアクセスます。
そうするとこんな感じで表示されます。
f:id:zsoa55:20100728234948j:image
iPhoneに最適化されたページが出てきて、タイトルとログインフォームがでてきます。
事前にログインフォームをブックマークに入れておくとgoodです。
そのログインフォームに、
FTPserver  LinksitationのIPアドレス
username Linkstationで利用しているユーザー名
password Linkstationに設定している↑に入力したユーザー名のパスワード
を入力します。
ネットワークドライブにログインする時と変わりないです。
ログインが成功しますと、下のようになります。
f:id:zsoa55:20100728234949j:image
最初に出てくる「array1」をタッチ→「(自分のユーザー名)」をタッチすると、
LinkStationに入れてあるファイルを見ることができます。
これでわざわざアクセス制限を解除する必要がなくなりますので、いい感じに使うことができます。
参考になると幸いです。







Copyright(C) 2010 osarika.com . All rights reserved.